メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「革」検索結果。

革の商品検索結果全20,400件中1~60件目

BOHO巾着バッグ イルミーチョ (il micio) バッグ 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

74,520

BOHO巾着バッグ イルミーチョ (il micio) バッグ 【ライトアップショッピングクラブ】

手にするたび革鳴りの心地よい音色が響くイタリア製巾着。深谷秀隆氏は日本人として初めてイタリアにオーダー靴のアトリエ〈イルミーチョ〉を開いたシューズデザイナー。靴作りで培ったノウハウを昇華したバッグは、余技でありながら悟達の境地。従来にはない斬新なデザインは、各界から注目を集めています。この「BOHOシリーズ」は、“無限の連結法"がテーマ。「∞型の革パーツ」をひとつずつ繋ぎ合わせて形作るフルハンドメイド。「巾着バッグ」は深谷氏がみずから愛用するお気に入りのアイテム。持ち手の革紐以外は、すべて「∞型の革パーツ」で、まず革パーツを一周させた輪をつくり、そこから縦に15段、ひとつずつ手仕事で丹念に組み上げていきます。「この作業をやっている間は無心になりますね」と深谷氏。ひたすら革パーツをつないでいく作業で、静寂に包まれた工房の中に革鳴りの音だけが響きわたります。実際に持ってみるとミシッミシッと革のきしむ音がして、手のひらから上質感が伝わってきます。気軽に持ち歩ける小ぶりなサイズも魅力。ショルダーバッグを持っていくほどではありませんが、財布やスマートフォン、鍵など身の回りのものを入れる袋物がほしいときにぴったりです。

キーホルダー 革/パイソンブラック・ベルトループ/スクエア Style

光工房 楽天市場店

3,500

キーホルダー 革/パイソンブラック・ベルトループ/スクエア Style

パイソンブラック・ベルトループ/スクエア Style SIZEサイズ ■ 縦/ 7.5cm 横/ 2cm MATERIAL素材 ■ パイソン・牛革 EXPLAIN商品説明 パイソンレザー仕様のオリジナルベルトループ&キーホルダー。 細身の四角形、スクエアスタイル。シンプルにすることで万能さを追求。 もちろんベルトループにも引っ掛けられるがバッグの持ち手などにも掛けられる便利仕様。 ホックボタンはシンプルなガンメタカラー。 ★オリジナルキーホルダー&ベルトループ★ 数年ぶりにフルモデルチェンジを行いました! 長らくベルトループの品切れ状態が続いておりましたことお詫び致します。実は新作の開発と改良でずいぶんと時間がかかってしまいました、こだわり抜いた今回のベルトループ、キーホルダーは5タイプ。そしてすべて得意のエキゾチックレザー仕様。 そしてレザーの種類とコンチョカスタムなどを加えて、なんとベルトループが16種類キーホルダーが8種類、合計24種類を新登場!ズラリと並べてぜひご覧くださいませ。 さらに自分だけのキーホルダーにカスタムマイズもできます。 コンチョカスタムやキーフックの追加など、詳しくはメールまたはお問い合わせ欄よりお問い合わせください。 販売中のコンチョやパーツ類でカスタマイズできますが、価格が変動する場合がございますのでご了承ください。 ◆財布のドレスアップアクセサリー◆・・・ベルトループ ベルトに引っ掛けてウォレットチェーンをつなぎ財布を装着させます。財布の紛失を守るプロテクトアクセの役割、 またキーホルダーとしてもお使いいただけます。

ルガトー/メガネケース いたがき 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

9,720

ルガトー/メガネケース いたがき 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

手にしたときに嬉しくなる、優美なメガネケース。「革も主役、人も主役。それを繋ぐのが作り手の役目だと思っています」という〈いたがき〉代表でありデザイナーの板垣江美さん。板垣江美さんが、特に惚れ込んでいるのが、ベルギーでなめされた「ルガトー」という名を冠した牛革です。江美さんがこの革に出合ったのは、1999年のこと。日本とヨーロッパとを行き来する生活を送っている江美さんが、ドイツの小さな田舎町ロックスフュアデに暮らし始めた頃、ある一人の老人との出会いが縁で、ベルギーのタンナリー・マズア社と巡り会いました。少し革業界についての説明を加えるなら、日本で使用している牛革のおよそ9割が北米産のものです。ヨーロッパの牛革は仕入れルートの関係もあって、日本では入手が難しいからです。もちろん北米産の「ステア」もいい味わいなのですが、江美さんによれば、「ヨーロッパ産の牛革は丁寧に管理された牛の革で、傷が少なく肌のきめが細かい」のが特徴。ノルウェーやスペインから仕入れた原皮をベルギーでなめすのですが、「このタンナリー・マズア社は世界屈指のなめし業者だと思います」と語ってくれました。その理由としてあげるのが、自然にできたシワ(トラと呼ぶ)を、きれいに見せる技術に長けていることです。その昔、トラの入った革製品だけを集めるコレクターも数多くいたほど、味わいもひとしおの革なのです。「ルガトー」ならではの色艶を、とくとご覧ください。こちらは、上品なワインカラーと「ルガトー」ならではの質感が魅力のメガネケース。ラウンド型なので、ファスナーの開閉が楽にでき、かつ耐久性にも優れています。底に芯材が入っており、衝撃を受けても潰れにくくなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク