メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ウエストバッグ防水」検索結果。

ウエストバッグ防水の商品検索結果全7件中1~7件目

CODE OF BELL(コードオブベル) 防水軽量ボディバッグ/マルチカムブラック【X-PAC ONE/MULTICAM CROSSPACK-S】

TOKYOlife

30,240

CODE OF BELL(コードオブベル) 防水軽量ボディバッグ/マルチカムブラック【X-PAC ONE/MULTICAM CROSSPACK-S】

ここ10年で私たちのライフスタイルは大きく様変わりし、持ち運ぶもの変化しました。そんな今、アクティブでモダンなユーザーに向けた新たなバッグを提案すべく2016年発足したのが、【CODE OF BELL】です。彼らが“Carrywear"とよぶコレクションは、ウエストバッグやメッセンジャーバッグからインスパイアされたデザインに、コンパクトなサイズ感と、直感的にアクセスできる使用感をもつ新たなギアとして誕生しました。そんなコレクションの中でよりコンパクトなデザインを持つのがこの【X-PAC ONE】。2つの独立した荷室をもち、両サイドからそれぞれ異なる荷室にアクセスできます。正面はロールトップになっていて、持ち運ぶ荷物に合わせてサイズを変更することができます。内部にもメッシュ状の内ポケットや、手帳やスマホの入るポケットなど荷物の仕分けに便利なポケットが付いていて整理整頓は簡単。また、背面にも隠しポケットがあり、パスポートなど大事なモノはそこにしまい込めます。ショルダーストラップは背面のパッドに収納でき、付属のハンドルグリップを装着すればハンドバッグとしても使用することができます。生地に使用しているのは、高強度で防水性を持ち非常に軽量なX-PAC。都市で使用しても浮くことのないデザインと、ハードな環境にも耐えうる性能を両立しています。こちらは特別仕様の“マルチカムブラック"。モダンでクールなデザインはワンランク上の大人を演出してくれます。デジタル世代のあなたに贈る、ミニマムでモダンな傑作バッグをお楽しみください。

CODE OF BELL(コードオブベル) 防水軽量コンパクトメッセンジャーバッグ/マルチカムブラック【X-PAC PRO/MULTICAM CROSSPACK-L】

TOKYOlife

39,960

CODE OF BELL(コードオブベル) 防水軽量コンパクトメッセンジャーバッグ/マルチカムブラック【X-PAC PRO/MULTICAM CROSSPACK-L】

スマートフォンをはじめとしたガジェットが広く普及し、それらが多種多様な役割を担うようになって数年。必要以上にモノを持たない、持たなくて良いライフスタイルが当たり前となった今、バッグにも小型で効率の良いものが求められる時代が到来しました。それに呼応するように、バッグを普段着の一部と捉える造語Carrywearを掲げ、CODE OF BELL(コードオブベル)は誕生。目指したのは真に現代的な使い勝手の良さと、スタイリッシュで革新的で直感的なソリューションを創り出すこと。【X-PAC ONE/MULTICAM CROSSPACK-L】は、オフィスワーク、ジムワーク、自転車を代表とするアクティビティなど、都市部での多様なアクションを一つのバッグでこなせるよう、メッセンジャーバッグ・ウェストバッグ・ブリーフケースの3つを、足し、時には引き算して生まれた3WAY仕様のバッグです。メイン素材は素材は軽量で低伸度、強度にすぐれ、高撥水性も持ち合せるX-PAK。紫外線や海水といったダメージにさらされるセールクロス(帆)のノウハウを応用して生まれた素材を、アウトドアファブリックとして更にブラッシュアップさせたものです。また、側面部に組み合わせたバリスティックナイロンは、弾道織りの厚手のナイロン生地で、より強い耐摩耗性と耐引裂性を誇る素材です。負担が掛かることを考慮してクッション性を持たせたメッシュストラップは、メッセンジャーバッグとして背負った時も、ウェストバッグとして腰に巻いたときにも快適なフィット感をもたらしてくれます。更にそのストラップ部分にはジップポケットを備え、カード等の出し入れを容易く行えるよう配慮。またサングラスホルダーもプラス。メッセンジャーバッグとしての使用時には、側面のジッパーをスライドさせることでボトルホルダーがお目見え...

BROOKS(ブルックス) サドルバッグ【BROOKS ISLE OF WIGHT SADDLE BAG】

TOKYOlife

9,072

BROOKS(ブルックス) サドルバッグ【BROOKS ISLE OF WIGHT SADDLE BAG】

クロモリフレームにレザーサドルの自転車・・・ややオールドスクールなイメージが先行しがちなBROOKSというブランド。特にサドルバッグとなれば、今まではBROOKSのサドルに適合するアイテムのラインナップがメインでした。そういった硬派なイメージを打破すべく、かといって決して流行や時代に流されず自分達らしさ(BROOKSらしさ)を大切にし、ポリシーを守って誕生したのがこちらのサドルバッグです。世に溢れる一般的なサドルバッグとの大きな相違点、それは一部にBROOKSレザーを使用しているということ。レザーはBROOKSのアイデンティティでもあり、アイコンでもあります。この少量のレザーだけで、かなりの高級感のある仕上がりになります。また、バッグ内部にはプラスチックの板が入っており荷物による型崩れを防いでくれます。思い荷物を入れたときでもその形が崩れてタイヤと接触してしまうという危険性を回避してくれるのです。防水加工をほどこしたポリエステルのファブリックをメインに使用し、止水ファスナーを併用することで水に対する耐性が大幅にUP。完全防水の仕様のバッグほどではありませんが、走行中に突然振りだした雨程度であれば中身を気にすることなく走り続けられます。今までのクラシカルフレームだけでなく、最新鋭のロードバイクでも。あらゆるバイクに合うサドルバッグです。◎サドルバッグの取り付け方についてまとめてみました!⇒NEWSページ“サドルバッグの『トリ(付け方)セツ(明書)』作りました。"

FAIRWEATHER(フェアウェザー) フレームバッグ ハーフ【FAIRWEATHER frame bag HALF】

TOKYOlife

8,640

FAIRWEATHER(フェアウェザー) フレームバッグ ハーフ【FAIRWEATHER frame bag HALF】

快晴、晴天という名のブランド“FAIRWEATHER(フェアウェザー)"。TOKYO Wheelsではサドルバッグが非常にご好評頂いているブランドです。そんなFAIRWEATHERより、既存のフレームバッグとコーナーバッグの中間サイズに位置する frame bag halfフレームバッグハーフの登場。トップチューブに対しての長さを短くすることで、今まで装着が難しかった小さめのCXバイクやMTBへの装着が可能に。そして、本体の深さにギャップを設けることでウォーターボトルとの干渉を軽減。スペースを確保し易くなりました。また、本体の一番深い部分は通常のフレームバッグより深さがある為、U字ロックなどの収納も可能となり、より利便性が向上しています。さらに、荷物が一点に集まり易い構造になっており、バッグ内で荷物がゴロゴロと動く心配も減少しました。メイン素材はフレームバッグと同様に軽量で引き裂きに強いリップストップナイロンを採用。表面には、撥水性のあるフッ素加工が施され、汚れも付着しにくい仕様となっています。裏地には防水フィルムがラミネートされていますので、多少な雨なら問題ありません。本体の両サイドには、水の浸入を防ぐ止水ファスナーを使用した開口部が1つずつあり。右側がメインコンパートメント、左側がメインとは別荷室の薄マチのポケット仕様。どちらもファスナーに引き手が施され、グローブをしたままでの荷物の出し入れが容易。ロングライドは勿論、普段使いにも最適なサイズ感。非常におすすめな自転車バッグです。

FAIRWEATHER(フェアウェザー) 小型サドルバッグ“SeatBag Mini"【TOKYO Wheels限定カラー・ネイビー】

TOKYOlife

8,640

FAIRWEATHER(フェアウェザー) 小型サドルバッグ“SeatBag Mini"【TOKYO Wheels限定カラー・ネイビー】

快晴・晴天という意味の“FAIRWEATHER(フェアウェザー)"と“TOKYO Wheels(トウキョウウィールズ)"がタッグを組み、普段使いに最適な“mini(ミニ)"サイズのサドルバッグを、TOKYO Wheelsエクスクルーシブカラーで作りました!僕たちらしくカジュアルの大定番「デニム」のインディゴを意識したネイビーカラーで別注。メイン素材は、軽量で引き裂きに強いリップストップナイロンを採用。表面には、米国デュポン社の撥水性のあるフッ素加工が施され、汚れも付着しにくい仕様となっています。裏地には防水フィルムがラミネートされていますので、急な雨に遭遇しても中身は晴天時と同じ状態に保ってくれます。コンパクトな見た目ですが、メインコンパートメントの開口部をロールトップ式にすることで、荷物の量に合わせてサイズ調整が可能となっており、最大で1.5まで収納することができます。携帯工具やCO2ボンベ、チューブにパンク修理キットなどなど必要最低限の荷物はもちろん、暑くなって脱いだウィンドジャケットも一緒に収納できるぐらいの容量があります。シートのレールに固定するストラップは、バッグの締め付けを調節するコンプレッションストラップの役割も果たしており、その締め付け具合で荷物の量に応じて対応が可能。シートバッグ本体の上下と両サイドには、カタチをキープするための硬化プレートを入れることで、バッグ自体をしっかりホールド。そのお陰でダンシングをしても、遠心力による横ブレを軽減してくれます。また、外からの衝撃にも強く、中の荷物を締め付けすぎないので、傷つけたくないチューブなどもしっかり守ってくれます。シートポストやシートチューブに直接触れる部分(ワッペンが付いた黒い部分)には、滑りにくく、傷をつけにくいノンスリップPVCを採用しています。これで...

MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ) ミッションワークショップ/メッセンジャーバッグ【MISSION WORKSHOP/The Shed BC Silver】

TOKYOlife

28,080

MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ) ミッションワークショップ/メッセンジャーバッグ【MISSION WORKSHOP/The Shed BC Silver】

すっきりと洗練されたデザインに、大手サイクルバッグブランドで培った経験値と技術を惜しげもなく落とし込み、コアなサイクリストから絶大な支持を集めるサンフランシスコ発の新鋭バッグブランド、MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)。「The Shed」は同ブランドがラインナップするメッセンジャーバッグの中で最大容量を誇ります。そのままでも35Lの大容量がありますが、上方向に拡張する「ロールトップ」設計で、35Lを超える荷物も受け止めます。また、外部・内部ともに防水構造となっていて、多少の悪天候はものともしません。通勤から旅行まで、シーンを選ばずお使いいただけます。メイン素材はコーデュラナイロンで軽くてタフ。また、左右どちらの肩からでも装着可能なストラップや、よりフィット感を高めズレを止めるクロスストラップ、肩に優しいパッド、使い易く洗練されたデザインのバックルなど、細部までスキのない仕様。サンフランシスコを拠点に、材料の仕入れから製造までをアメリカ国内のみで行うという徹底ぶりもさすがの一言です。アメリカのサイクルカルチャーを語る上で欠かせない、サンフランシスコのミッション地区。そのミッション地区から生まれた本物のバイシクル・バッグは、あなたのサイクルライフをより深く、豊かにするはずです。

こちらの関連商品はいかがですか?

beruf(ベルーフ) ボディーバッグ【STREAM SLING PACK UL】

TOKYOlife

13,824

beruf(ベルーフ) ボディーバッグ【STREAM SLING PACK UL】

beruf(べルーフ)よりデイリーに最適な機能性とシャープなデザインのボディーバッグが入荷しました。デザイン・カラーリングはON/OFF問わずに普段使いは勿論、自転車を利用するサイクリストに向けての利便性と機能性を併せ持ったバッグです。統一感のあるブラックカラーはタウンユースで利用しても小洒落たアイテムです。サイクリスト用のバッグとしての機能性とお洒落アイテムとしてのデザインはどの様なスタイルにもマッチする事でしょう。タブレット端末を収納できるメインコンパートメント、上部にはスマートフォンを収納できる止水ジップを配したスリットポケットが装備されております。クイックリリースタイプのショルダーストラップは接合箇所が可動するので、ストラップの「ネジれ」を防ぎ身体にフィットをする状態をキープしてくれます。また、収納部分の裏面にはシリコン樹脂による「スリップストップ」を施してあるのもberuf(べルーフ)ならではの気遣いです。※収納部分にX-PACを採用したULTRA LIGHT版とは、軽さと強度、更には高レベルの耐水性を兼ね備えております。過酷なアウトドアフィールドでの使用環境にも対応する機能性です。

ithelicy(イザリシー) レザーミニショルダーバッグ【MILLIKAN/ミリカン】

TOKYOlife

37,800

ithelicy(イザリシー) レザーミニショルダーバッグ【MILLIKAN/ミリカン】

ちょっとしたお出かけに重宝する大人のためのスモールバッグ。ithelicy(イザリシー)よりご紹介するのは男女兼用で使えるミニショルダーバッグです。ボディには上質なスムースレザーを採用し、上品さとモードな雰囲気を融合させた秀逸なバッグに仕上がっています。メインフロアは広い空間をとっており、中には内ポケットも完備するなど細部に渡り実用性の高い拘りを感じることができます。大ぶりなダブルファスナーはデザインアクセントとしても特徴的で、メイフロアの後ろにはファスナー付きのサブポケットも完備。そして、マチなしポケットを外付けするなど、バッグとして完成度の高さを感じさせます。さらにショルダーロープの持ち手も非常に特徴的で、入り組んだ特殊な結びはデザインアクセントとしても非常にマッチします。また、実用的なナイロンベルトも付属。大人のためのショルダーバッグとして、ちょっとしたお出かけにも重宝するミニバッグ。意外とこの手のアイテムって探すと中々しっくりくるものがないんですよね。迷った時や、お探しの方は、ぜひithelicy(イザリシー)のバッグを手に取ってみて下さい。実用性もデザイン性も、きっと両方に満足して頂けるはずですよ。

TIBERIO FERRETTI(ティベリオ・フェレッティ) カウレザーイントレチャート サコッシュバッグ【Borsello a spiga/ボルセッロ ア スピーガ】

TOKYOlife

39,960

TIBERIO FERRETTI(ティベリオ・フェレッティ) カウレザーイントレチャート サコッシュバッグ【Borsello a spiga/ボルセッロ ア スピーガ】

美しいイントレチャートで仕立てた上質なサコッシュバッグ。TIBERIO FERRETTI(ティベリオ・フェレッティ)よりご紹介するのは大人の為のミニバッグ【Borsello a spiga/ボルセッロ ア スピーガ】。これまでも職人が一つ一つ丁寧に編み込んだイントレチャートバッグをリリースしてきた同ブランドですが、今回も期待通りの逸品を作り上げてくれました。素材にはヴィンテージライクな色染めを施したカウレザーを採用。ムラのある色合いがレザーの上品な艶感と相まって非常に色気のある存在感を演出してくれます。そして注目はボディ全体を贅沢に包み込む、細かく丁寧に編み込まれたイントレチャートレザー。一本一本の細いレザーを巧みに編み上げることで非常に美しいイントレレザーを構築。イタリアの職人の技が光るポイントで、近くで見てもしっかりと丁寧に仕立てられているのが分かります。また、今まではリュックサックやトートバッグの形を採用していましたが、今回は大人が使える実用性の高いミニバッグ通称サコッシュをモデルとしてピックアップ。ショルダーバッグとしても非常に重宝するモデルで、適度に小ぶりな容量はちょっとしたお出かけには非常にピッタリのサイズ感となっています。そしてシンプルな見た目ですが、収納スペースをしっかりと確保しているのもポイントです。外側にスナップ付きのサブポケットを配置し、メインフロアにはファスナー付きの大ポケットをスタンバイ。さらに向かい側には二つに仕切られた簡易ポケットを配置。手軽に手が伸ばせる使いやすい収納があるのは実用性の面を考えても非常に助かりますよね。最近これくらいのサイズ感が非常に人気というのもあり、待ち望んでいた容量のミニバッグでした。TIBERIO FERRETTI(ティベリオ・フェレッティ)のバッグは...

INSIDE LINE EQUIPMENT/ILE(インサイドラインエキップメント) コンパクトシートバッグ【seat bag】

TOKYOlife

6,264

INSIDE LINE EQUIPMENT/ILE(インサイドラインエキップメント) コンパクトシートバッグ【seat bag】

サンフランシスコ近郊のベイエリアを拠点にするハンドメイドのバッグブランド、ILE(インサイドラインエキップメント、通称アイエルイー)。ガレージ系ブランドならではの発想、品質、また量販店では入手しづらい適度なマイナー感など、正式に日本上陸を果たした2015年以降人気、密かな人気をほこるブランドです。このSeat Bagは、ロードチューブや携帯ツール、CO2インフレーターなどを入れておくのに最適なサイズの、ちょっと個性的なスタイルのサドルバッグ。ボリュームがないため自転車にちょっとしたオシャレなアイキャッチを加えるのにも最適です。使われる生地はILEのバッグと同じ1000デニールのコーデュラナイロンやX-PACナイロン、またワックスドキャンバス。またオートロック式の珍しいバックルを採用しています。バックルにある突起をグッと押しながらストラップの調整を行いますが、一般的なプラバックルよりもしっかりと締めあげることができ、また緩めるのもスムーズです。シンプルに自転車をまとめつつもお洒落したい方、また最低限の荷物で出かけたいライドなど、ミニサイズならではの良さを持つサドルバッグです。

REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン) サドルバッグ【Pika 12L】

TOKYOlife

21,749

REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン) サドルバッグ【Pika 12L】

REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)はアメリカ、アラスカ州発のハンドメイドバイシクルバッグのブランドです。昨今の大型サドルバッグの大ブーム、そしてバイクパッキングと言うカルチャーは、兄貴分である14Lの【Viscacha】の誕生がきっかけでした。その弟分として登場した【Pika】もまた、非常に多くのアップデートを経て、今も多くの方に愛されるワールドスタンダードに成長。【Pika】は、【Viscacha】より一回り小さなサドルバッグです。それでも容量は12Lとしっかりあり、長距離のダートツーリングからブルベ、日帰りのサイクリングまで、大容量の利点を生かして様々なシーンにフィットする、非常に万能なサドルバッグです。ロールアップ式で、長くしたり短くしたり、荷物の量によってバッグの容積を変えることができます。また滑り止めを備えたベルトで、がっちりとシートポストに固定できます。サドルレールに通すバンドにも、超が付くほど強靭な樹脂加工を施し、荷物の重さに負けない堅牢性を持ちます。また底部には柔軟性のあるプラスチックのシートをインサートし、荷物の重さをサポートします。数多ある大型サドルバッグの中でも、特に高い耐久性を誇るのがREVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)の特徴と言えるでしょう。◎サドルバッグの取り付け方についてまとめてみました!⇒NEWSページ“サドルバッグの『トリ(付け方)セツ(明書)』作りました。"■容量12L

スポンサーリンク
スポンサーリンク