メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「雨の日シューズ」検索結果。

雨の日シューズの商品検索結果全30件中1~30件目

グリップフィールスタイルアップブーツ

ディノス

8,100

グリップフィールスタイルアップブーツ

【フジテレビ『いいものプレミアム』で放送】【12/8放送時4000足以上販売!ただ今大ヒット中☆】濡れた地面で滑りにくい!&水が浸み込みにくい!おしゃれなデザインだから雨の日はもちろん、晴れの日も普段使いできる雨の日でも滑りにくく、水が浸み込みにくい雨や雪の日は、どんな靴を履いたらいいのか悩みますね。ブーツは暖かいけど、駅のコンコースやエントランスなど濡れた路面でツルッと滑って怖い思いをすることも…。そこでおすすめなのが『グリップフィールスタイルアップブーツ』。雨の日も雪の日も快適に歩けて、さらにオシャレが楽しめる!スタイル良く見せてくれる工夫も搭載しました。今シーズンのご紹介は今回限り。お早めにどうぞ。グリップフィールスタイルアップブーツは何が凄いの「濡れた路面でも滑りにくく、おしゃれにスタイルアップ!雨の日はもちろん、晴れの日でも快適に歩けます」【うれしいポイント】(1)とにかく滑りにくい!(2)水が浸み込みにくい(3)おしゃれ!(4)スタイル良く見せてくれる。【滑りにくい】靴底の突起が濡れた路面をしっかり捉える雨の日に滑りやすいのは、靴底と路面の間に水の膜ができてしまうから。そこで『グリップフィールスタイルアップブーツ』は、ゴムの靴底に多数の細かな突起を配しました。特に力のかかりやすいかかととつま先には、よりグリップ力の強い赤い突起を配置。その爪のような突起が水の膜を切り裂き、路面をしっかり捉えるため滑りにくいんです。※特に滑りやすい場所での歩行時には十分気をつけてください。【しみ込みにくい】袋状の防水シート内蔵&撥水加工雨の日は靴の中が濡れるのもイヤなもの。そこで表の素材と内側のボアの間に、袋状の防水シートを内蔵。さらに、スエード調の生地には撥水加工を施しました。水が靴の中にしみ込みにくいから、雨の日でも足元はポカポカです。...

NISイタリア製エレガントウィンターブーツ 防寒ブーツ・レインブーツ(昨年モデル)

ディノス

17,820

NISイタリア製エレガントウィンターブーツ 防寒ブーツ・レインブーツ(昨年モデル)

寒冷なヨーロッパの寒さに耐え、エレガントな装いにも合う、イタリア製の防寒ブーツ。中綿の入ったキルティング素材と内側のボア素材であったか。アッパーはエナメル素材だから雨や雪の日も安心して履けます。エレガントな装いにも似合うイタリア製の防寒ブーツです。保温性を保つ3層構造のインソール&ボアであったか寒冷なヨーロッパの寒さに耐えられる防寒ブーツは優れた機能性が魅力。ポリエステル・ポリエチレンクッション・金属化ポリエチレンの3層構造のインソールが保温効果を発揮。さらに中綿の入ったキルティング素材と内側ボアで、足先まであったか。さらにインソールが不快な湿気は逃してくれるので、ムレやすいブーツも気持ちよく履けます。雨や雪でも滑りにくい靴底は凍った路面や雨でも滑りにくいよう工夫されているので、雨や雪の日でも怖くない!着脱しやすい前面ファスナー前面に長めのファスナーがついているので、広く開いて履きやすい。ワイズ3E相当でゆったりすっきりしたシルエットながら、ワイズ3E相当のゆったり感が嬉しい。 ■色:ブラックのみ■サイズ:(36)22.5~23.0ヒール高さ約2.5(38)23.5~24.0ヒール高さ約2.5cm・重さ約460g(片足)(40)24.5~25.0cm■筒周り約36cm、筒丈28.5(伸ばして35.5)cm■アッパー…(上部)ナイロン100%(下部)ポリアミド74・ポリウレタン26% サーモプラスチックラバー底 インソール…ポリエステル・ポリエチレンクッションフォーム・金属化ポリエチレン■3Eワイズ相当■イタリア製

こちらの関連商品はいかがですか?

〈クラース〉足に優しい外反母趾対応シューズ カノン

ディノス

14,040

〈クラース〉足に優しい外反母趾対応シューズ カノン

気持ちまで明るくなるおしゃれで足にやさしいウェルネスシューズ。パッチワーク風のデザインがおしゃれ。履き口が大きく開いて、脱ぎ履きもラクラク。ある体験から『クラース』のコンセプト「靴選びをあきらめない」に共感。相部さんが『クラース』の靴作りに参加したのは2015年から。「足に悩みがあっても楽しく年齢を重ねてもらいたい」という同社の考えに共感し、ライフワークとして参加されたそうです。「祖母が骨折して車イスでの生活になったとき、病院で用意された靴はスリッパと運動靴だけでした。リハビリもこれです。この靴では歩く楽しみも奪ってしまう。でも他に選べる靴がない。その時、介護の現場にこそ良い靴がなければと私自身が実感したのです」。介護の目線での靴作りと、おしゃれなデザインは調和が難しい。リハビリやケアシューズは機能追求、おしゃれなコンフォートシューズはデザイン重視で、考え方や設計もまったく別のもの。それをまとめて両者を満足させる靴を作り上げるのは至難の業ではないでしょうか。「専用の木型やインソール開発もゼロから始める必要がありました。それでも色々な方の悩みをお聞きしながら、約2年をかけて木型から開発しました」。そうして生まれたのが、足裏アーチを支える3Dインソールと、足指を自然な状態で保つ木型、体幹をニュートラルなバランスに導く基本設計です。そして相部さんのデザインが、機能を楽しく彩ります。「足の悩みがあっておしゃれできない。悩みがあっても可愛い靴で出かけたい。そういう女性の切実な声にお応えしたいと思っています」という相部さんデザインの靴は、すぐに出かけたくなるほど素敵。「実は『クラース』の靴底は適度なグリップ力にしています。足が上がらない人は、床と靴底との摩擦が大きすぎるとつんのめり、転倒の危険があるからです...

スポンサーリンク
スポンサーリンク