メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「通帳が入る財布」検索結果。

通帳が入る財布の商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

パスポートも入るスマート長財布 二宮五郎商店 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

19,440

パスポートも入るスマート長財布 二宮五郎商店 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

“大容量かつスマート"が旅財布の条件日本の革産業の中心地、東京・墨田区で昭和21年に創業した〈二宮五郎商店〉。通常分業制で行われることの多い革小物の生産ですが、同店では二代目の二宮眞一さんがデザインを起こした後、熟練職人たちが製造工程を始めから仕上げまですべて一人で行う。そのため細部まで妥協しないクオリティの高さが保たれています。そんな老舗のこだわりが光るのがご紹介する長財布です。素材には、型押しでありながら柔らかな質感を実現した同店特注レザーを使用。味わいのある革の表情を活かし、シンプルなデザインに仕上げました。サイドにアコーディオン設計を取り入れることで、厚さ約2.3cmと薄マチながら充実の収納力を実現。小銭入れに加え、札入れ2ヵ所、4つのオープンポケットを備えています。紙幣やチケットだけでなくパスポートも入り、小銭入れ、札入れなどの内側に配した3ヵ所の隠しポケットには、貴重なカード類を入れられます。カード入れにはV字にスリットを入れ、取り出しやすさに配慮しました。店主自身の海外出張経験が活きた、気配りに満ちた逸品です。

ルガトー/ラウンドファスナー財布 いたがき 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

25,920

ルガトー/ラウンドファスナー財布 いたがき 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

深遠なワイン色が魅力。味わい深い牛革「ルガトー」。「革も主役、人も主役。それを繋ぐのが作り手の役目だと思っています」という板垣江美さんが、特に惚れ込んでいるのが、ベルギーでなめされた「ルガトー」という名を冠した牛革。こちらは、その「ルガトー」で仕立てられた財布をご紹介します。江美さんがこの革に出合ったのは、1999年のこと。日本とヨーロッパとを行き来する生活を送っている江美さんが、ドイツの小さな田舎町ロックスフュアデに暮らし始めた頃、ある一人の老人との出会いが縁で、ベルギーのタンナリー・マズア社と巡り会いました。少し革業界についての説明を加えるなら、日本で使用している牛革のおよそ9割が北米産のものであるといわれています。ヨーロッパの牛革は仕入れルートの関係もあって、日本では入手が困難です。もちろん北米産の「ステア」もいい味わいですが、江美さんによれば、「ヨーロッパ産の牛革は丁寧に管理された牛の革で、傷が少なく肌のきめが細かい」のが特徴。ノルウェーやスペインから仕入れた原皮をベルギーで鞣しますが、「このタンナリー・マズア社は世界屈指のなめし業者だと思います」と語ります。その理由としてあげるのが、自然にできたシワ(トラと呼ぶ)を、きれいに見せる技術に長けていること。その昔、トラの入った革製品だけを集めるコレクターも数多くいたほど、味わいもひとしおの革なのです。「ルガトー」ならではの色艶を、とくとご覧ください。

ルガトー/カードも入る小銭入れ いたがき 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

10,800

ルガトー/カードも入る小銭入れ いたがき 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

近所へはこれひとつで。カードも入る小銭入れ。「革も主役、人も主役。それを繋ぐのが作り手の役目だと思っています」という〈いたがき〉代表でありデザイナーの板垣江美さん。板垣江美さんが、特に惚れ込んでいるのが、ベルギーでなめされた「ルガトー」という名を冠した牛革です。江美さんがこの革に出合ったのは、1999年のこと。日本とヨーロッパとを行き来する生活を送っている江美さんが、ドイツの小さな田舎町ロックスフュアデに暮らし始めた頃、ある一人の老人との出会いが縁で、ベルギーのタンナリー・マズア社と巡り会いました。少し革業界についての説明を加えるなら、日本で使用している牛革のおよそ9割が北米産のものです。ヨーロッパの牛革は仕入れルートの関係もあって、日本では入手が難しいからです。もちろん北米産の「ステア」もいい味わいなのですが、江美さんによれば、「ヨーロッパ産の牛革は丁寧に管理された牛の革で、傷が少なく肌のきめが細かい」のが特徴。ノルウェーやスペインから仕入れた原皮をベルギーでなめすのですが、「このタンナリー・マズア社は世界屈指のなめし業者だと思います」と語ってくれました。その理由としてあげるのが、自然にできたシワ(トラと呼ぶ)を、きれいに見せる技術に長けていることです。その昔、トラの入った革製品だけを集めるコレクターも数多くいたほど、味わいもひとしおの革なのです。「ルガトー」ならではの色艶を、とくとご覧ください。〈いたがき〉で30年以上のロングセラーとなっているのがこちらの小銭入れ。二つ折りにしたお札が入る大きさで、カードと小銭がすっと収まる携帯タイプ。ちょっとした外出などは、これひとつで充分です。2つ目の財布としても重宝します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク