メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「原皮」検索結果。

原皮の商品検索結果全1,055件中1~60件目

ルガトー/メガネケース いたがき 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

9,720

ルガトー/メガネケース いたがき 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

手にしたときに嬉しくなる、優美なメガネケース。「革も主役、人も主役。それを繋ぐのが作り手の役目だと思っています」という〈いたがき〉代表でありデザイナーの板垣江美さん。板垣江美さんが、特に惚れ込んでいるのが、ベルギーでなめされた「ルガトー」という名を冠した牛革です。江美さんがこの革に出合ったのは、1999年のこと。日本とヨーロッパとを行き来する生活を送っている江美さんが、ドイツの小さな田舎町ロックスフュアデに暮らし始めた頃、ある一人の老人との出会いが縁で、ベルギーのタンナリー・マズア社と巡り会いました。少し革業界についての説明を加えるなら、日本で使用している牛革のおよそ9割が北米産のものです。ヨーロッパの牛革は仕入れルートの関係もあって、日本では入手が難しいからです。もちろん北米産の「ステア」もいい味わいなのですが、江美さんによれば、「ヨーロッパ産の牛革は丁寧に管理された牛の革で、傷が少なく肌のきめが細かい」のが特徴。ノルウェーやスペインから仕入れた原皮をベルギーでなめすのですが、「このタンナリー・マズア社は世界屈指のなめし業者だと思います」と語ってくれました。その理由としてあげるのが、自然にできたシワ(トラと呼ぶ)を、きれいに見せる技術に長けていることです。その昔、トラの入った革製品だけを集めるコレクターも数多くいたほど、味わいもひとしおの革なのです。「ルガトー」ならではの色艶を、とくとご覧ください。こちらは、上品なワインカラーと「ルガトー」ならではの質感が魅力のメガネケース。ラウンド型なので、ファスナーの開閉が楽にでき、かつ耐久性にも優れています。底に芯材が入っており、衝撃を受けても潰れにくくなっています。

送料無料
【送料無料】極小財布 ヌメ革 本革 日本製 eureka leathercraft ユリカレザークラフト

おさいふやさん

8,900

【送料無料】極小財布 ヌメ革 本革 日本製 eureka leathercraft ユリカレザークラフト

小さい財布 極小財布 小さな財布 プチ財布 ミニ財布 おさいふ サイフ 小銭入れ コインケース バネ口金 ユリカレザークラフト ユリイカ eureka leather craft yurika メイドインジャパン 日本製 本革 皮革 本皮 男性用 女性用 紳士用 婦人用 レディース メンズ ユニセックス 男女兼用 エイジング 経年変化 ハンドメイド ユリカ謹製 ヌメ革 ぬめ革 フルベジタブルタンニン鞣し シボ しぼ EXTRA SMALL WALLET 原皮から国内調達の柔らかめの世界に誇るレザー 動物の皮は当然、生のままだと腐ります。腐らないように加工することを鞣す(なめす)と言い、皮は鞣されることにより、革に変わります。皮革業界では、皮のことを原皮と呼び、日本で鞣されているうちの大方9割は海外からの輸入原皮で、残りが国内の原皮です。国内の原皮と海外の原皮でいったい何が違うのかと言われると、それは牛肉を想像してもらえると分かりやすいかと思います。海外の牛肉に対して、和牛は柔らかく、キメが細かいですよね。それは国内の牛は、徹底した栄養管理の上に丁寧に育てられ、牛肉自体の美味しさを求めるため、比較的若い時期に食肉用として屠殺されるからです。対して海外の牛は、出来るだけ多くの肉が取れるように、そして大きな原皮が取れるように、牛が大きくなるまで育てるため、肉も皮も硬くなります。ですので、日本の原皮を使ったものの方が、キメが細かく、柔らかい質感になります。ただ、本商品で国内産の原皮を使用しているのは、品質の利点だけの問題ではありません。国内の原皮を使うことで、少しでも国内でお金を回したい。それが日本の復興、景気改善に繋がれば、というeurekaの方々の信念があるからです。メイドインジャパンのおさいふは少なからずありますが...

コインケース ヌメ革 本革 日本製 eureka leathercraft ユリカレザークラフト

おさいふやさん

3,700

コインケース ヌメ革 本革 日本製 eureka leathercraft ユリカレザークラフト

小銭入れ コインケース コインパース プチ財布 ミニ財布 おさいふ サイフ ユリカレザークラフト ユリイカ eureka leather craft yurika メイドインジャパン 日本製 本革 皮革 本皮 男性用 女性用 紳士用 婦人用 レディース メンズ ユニセックス 男女兼用 エイジング 経年変化 ハンドメイド ユリカ謹製 ヌメ革 ぬめ革 フルベジタブルタンニン鞣し シボ しぼ COIN CASE 原皮から国内調達の柔らかめの世界に誇るレザー 動物の皮は当然、生のままだと腐ります。腐らないように加工することを鞣す(なめす)と言い、皮は鞣されることにより、革に変わります。皮革業界では、皮のことを原皮と呼び、日本で鞣されているうちの大方9割は海外からの輸入原皮で、残りが国内の原皮です。国内の原皮と海外の原皮でいったい何が違うのかと言われると、それは牛肉を想像してもらえると分かりやすいかと思います。海外の牛肉に対して、和牛は柔らかく、キメが細かいですよね。それは国内の牛は、徹底した栄養管理の上に丁寧に育てられ、牛肉自体の美味しさを求めるため、比較的若い時期に食肉用として屠殺されるからです。対して海外の牛は、出来るだけ多くの肉が取れるように、そして大きな原皮が取れるように、牛が大きくなるまで育てるため、肉も皮も硬くなります。ですので、日本の原皮を使ったものの方が、キメが細かく、柔らかい質感になります。ただ、本商品で国内産の原皮を使用しているのは、品質の利点だけの問題ではありません。国内の原皮を使うことで、少しでも国内でお金を回したい。それが日本の復興、景気改善に繋がれば、というeurekaの方々の信念があるからです。メイドインジャパンのおさいふは少なからずありますが、原皮にまで日本製にこだわったおさいふは...

スポンサーリンク
スポンサーリンク