メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「リネンバッグ」検索結果。

リネンバッグの商品検索結果全1,136件中1~60件目

グッチ モチーフ付2WAYバッグ GUCCI その他バッグ ベルーナ

ベルーナ

105,840

グッチ モチーフ付2WAYバッグ GUCCI その他バッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > その他バッグ2WAY・3WAYバッグ BRANDグッチ

【オンワード】 自由区(ジユウク) 【MUUN】GEORGE かごバッグ

オンワード・クローゼット

32,184

【オンワード】 自由区(ジユウク) 【MUUN】GEORGE かごバッグ

送料無料 ストロー素材の大人っぽいかごバッグ。取り外し可能なトート付で2WAYで使えます。トートの上を結んで中が見えないようにも出来る安心な仕様です。 【MUUN】 パリ在住の日本人デザイナーとフランス人デザイナーが手掛けるバッグブランドMUUN(ムーニュ)。製品は全てアフリカでハンドメイドで作られており、天然繊維や手作りの温かみを感じさせます。MUUNというブランド名は、ガーナ語で「微笑み」を意味しています。ナチュラルなストローを原料とした素材に少しフランスのエスプリをミックスし、コットンやリネン、持ち手の革など、ナチュラルな素材を組み合わせた新しいバッグが特徴です。 ※天然素材を使用しハンドメイドで作られているため、大きさや形、色や質感に個体差がある場合や多少のゆがみ・左右非対称な部分がございます。 また素材の特性上、衣服に引っ掛かり傷をつける可能性がございますので、ニットやレースなど繊細な生地のお洋服を着用の際は十分にお気を付けくださいませ。<自由区/バッグ・靴・小物>バッグ>かごバッグ>【23区・組曲・自由区などのオンワードブランド公式通販サイト】

Lino e Lina(リーノ・エ・リーナ) ポントワーズ・リバーシブルバッグ【Pontoise】

TOKYOlife

6,048

Lino e Lina(リーノ・エ・リーナ) ポントワーズ・リバーシブルバッグ【Pontoise】

亜麻(フラックス)はヨーロッパの北部の涼しい地方で古くから栽培されている植物。麻のなかでも最高級クラスのもので、高さ1m前後、茎の直径は1.5〜2mmと、とても細い植物です。自然素材であるリネン(麻)の吸水性、 放水性、通気性、衛生面にすぐれている特性を生かして、実用的かつ機能的、そして「日常の生活を豊かに」をテーマに「Lino e Lina(リーノ・エ・リーナ)」が生まれました。そのリーノ・エ・リーナの幅広の持ち手が可愛いリバーシブルバッグ。 裏と表で雰囲気が変わる、コーディネートも楽しくなるデザインです。表はリネンのナチュラルな雰囲気が楽しめるマルチストライプ。裏はヴィヴィッドなカラーでコーディネートのアクセントして楽しめます。余計な装飾がないので、かさばらず、サブバッグとしてもぴったり。しっかりとした生地にマチがついているので、収容力もあり、たっぷり入れても腕に食い込んだりせずにストレスフリーですウォッシュド加工が施されやわらかい仕上がりになっています。(すでに水通しがされているので、洗濯後の収縮率も1%ほどです。)ヨーロッパでは親から子へと代々受け継がれることも多いというリネン素材。その上質なバッグを確かめてください。

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

ベルーナ

252,720

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

ベルーナ

255,960

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

117,720

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ハンドバッグ_夏バッグ BRANDグッチ BRANDバッグ 手提げバッグ・ハンドバッグ

ZANELLATO(ザネラート) ラフィア風2WAYバッグM+【POSTINA M+】

TOKYOlife

82,080

ZANELLATO(ザネラート) ラフィア風2WAYバッグM+【POSTINA M+】

待ってましたっ!!ファン待望の超ベストセラーバッグのポスティーナから新サイズが遂に登場っ!今回、満を持して登場したニューモデルは従来のポスティーナの使いやすさと形をそのままに、一回り小さくなって新登場。その名も「ポスティーナM+(エムプラス)」M+(エムプラス)がリリースされたことで、今まで展開していた定番ポスティーナは「ポスティーナL」となりました。名前から御察しの様に、M+(エムプラス)とはサイズ感を示しており、従来のモデルよりコンパクトな作りになっているのです。実際に計測してみると、マチ、幅、縦、横、の寸法で、従来のモデルより約3cmほどコンパクトになっている為、重さも軽くなり、女性の方でも気軽にお使い頂けるようになりました。コットン×リネン×ナイロンをミックスした素材は、春夏時期にはピッタリの軽やかなスタイルを実現。ナイロンを混ぜる事で、耐久性を向上させて実用性を考えた作りに仕上がっています。真夏の時期には少し重く感じるレザーアイテムも、ラフィアのイメージを採用したこちらの素材で一工夫するだけで大人の為のサマーバッグになるのです。勿論、使い勝手の良さと作り込みも変わっておりませんので、ご安心ください。今まで通り、レザーストラップを使用したワンショルダーと、レザーハンドルを使用した2WAYな持ち方が可能で、どちらも気軽に使えつつ、スタイルの汎用性も高い優れもの。身体に触れる内側にはしっかりとグレインレザーを採用。素材と洋服が擦れてしまう心配もなく、内側一面をレザーにすることで耐久性もしっかりと向上させているのです。新たなサイズの登場は、大人のライフスタイルに合わせてさらに幅広く対応できるようになりました。ブランドを代表するアイコン的存在のポスティーナは、様々なシーンで活躍してくれること、間違いありません。既に【ポスティーナL...

グッチ バッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

ベルーナ

70,092

グッチ バッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

ベルーナ

173,880

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ハンドバッグトートバッグ 手提げバッグ・ハンドバッグ BRANDグッチ

送料無料
KUNUNURRA カナナラ LINAS社 リネンウール×牛革 がま口2WAYショルダーバッグ 906196【smtb-f】【あす楽】

カバンと財布のアリスタ

15,984

KUNUNURRA カナナラ LINAS社 リネンウール×牛革 がま口2WAYショルダーバッグ 906196【smtb-f】【あす楽】

□ブランド KUNUNURRA □シリーズ LINAS □素材 リネンウール×牛革 □サイズ 約W26×H19×D12cm □重さ 本体約360g ショルダーベルト約53g □カラー ・キャメル(24) ・ブラック(10) □内ポケット ・ファスナーポケット×1 ・オープンポケット×2 □生産国 中国 about Item LINAS社(リナス社)の上質なウールリネンを使用したBAG。コロンとしたフォルムがとてもキュートなバッグです。ハンドルやショルダー紐には国産の上質な手袋用オイルレザーを使用しています。しっとりとした手触りのレザーです。カナナラ別注の大きな口金がとっても可愛らしいアクセントになっています。ちょっとのお出かけの必需品が収まるサイズ感。ショルダー紐は取り外しが可能。手持ちも斜め掛けも出来る2WAYデザインです。優しい雰囲気のウールリネンとコロンとした可愛らしいフォルムが特徴的な仕上がりになっています。 about KUNUNURRA "KUNUNURRA NI HITOMEBORE"をコンセプトに、直感的に「可愛い!」とキモチ昇るようなアイテムを発信します。デザイナーの強い願いは、カナナラに出会った女性が今以上に「心ときめくきっかけをつくる」こと。自らの内面に、素直で自分らしく今を過ごしている、そんなあなたにさりげない愛らしさをお届けします。 お色について 商品の画像はできる限り現物に近い色になるよう撮影しておりますが、お使いのモニターやブラウザのカラー設定により誤差が生じてしまう場合がございます。予めご了承ください。 KUNUNURRA カナナラ LINAS社 リネンウール×牛革 がま口ショルダーバッグ 906196 LINAS社(リナス社)の上質なウールリネンを使用したBAG...

グッチ モチーフ付2WAYバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

97,092

グッチ モチーフ付2WAYバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ BRANDバッグ 2WAY・3WAYバッグ

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

ベルーナ

80,892

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ハンドバッグ手提げバッグ・ハンドバッグ BRANDグッチ

グッチ ハンドバッグ(ブラウン) GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

ベルーナ

155,520

グッチ ハンドバッグ(ブラウン) GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ハンドバッグ手提げバッグ・ハンドバッグ BRANDグッチ

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

ベルーナ

185,652

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

ベルーナ

164,160

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ

グッチ ハンドバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

ベルーナ

75,492

グッチ ハンドバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > トートバッグトートバッグ 手提げバッグ・ハンドバッグ BRANDグッチ

グッチ チャーム付トートバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

ベルーナ

86,292

グッチ チャーム付トートバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > トートバッグトートバッグ BRANDグッチ

グッチ PVCメッセンジャー GUCCI ショルダーバッグ ベルーナ

ベルーナ

52,920

グッチ PVCメッセンジャー GUCCI ショルダーバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > ショルダーバッグBRANDグッチ

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

ベルーナ

97,092

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > トートバッグBRANDグッチ BRANDバッグ トートバッグ

スポンサーリンク
スポンサーリンク