メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「モバイルポーチ」検索結果。

モバイルポーチの商品検索結果全6件中1~6件目

SUSAN BIJL(スーザンベル) ポーチM【The New Pouch M】

TOKYOlife

2,700

SUSAN BIJL(スーザンベル) ポーチM【The New Pouch M】

いつも携帯する荷物って意外と細かいモノが多く、バッグの中でバラバラとしてしまうんですよね。ちょっとしたモノをまとめて入れられるポーチは、男女問わず必需品。きちんと仕分けされていれば、「あの人、ちゃんと整理している人なんだな。」と思われたり。そんな使う頻度の高いポーチこそ、デザインや素材にこだわりたい。SUSAN BIJL(スーザンベル)の全ての商品は、軽くて引き裂きに非常に強いリップストップナイロン100%で出来ています。そして取扱いサイズはS・Mの二種類あり、カラーバリエーションも楽しめます。サイズ別に使い方は実に様々。Sサイズ・・・リップやハンドクリーム、目薬、絆創膏など細々したモノから、モバイルバッテリーや絡まりやすいイヤフォン入れにも。Mサイズ・・・筆記用具や持ち運び用のPCバッテリーやマウスなどに。またマスクやティッシュ、ハンカチなどまとめて入れるのにも便利な大きさです。一つのポーチに色々な物をごちゃ混ぜに入れるより、入れるモノの種類によってポーチも小分けにした方がスマートですよね。同じサイズでカラー違いで揃えたり、同じカラーでサイズ別に揃えたり。ぜひご自身のお気に入りの組み合わせを見付けて、楽しんでください。

SUSAN BIJL(スーザンベル) ポーチS【The New Pouch S】

TOKYOlife

2,376

SUSAN BIJL(スーザンベル) ポーチS【The New Pouch S】

いつも携帯する荷物って意外と細かいモノが多く、バッグの中でバラバラとしてしまうんですよね。ちょっとしたモノをまとめて入れられるポーチは、男女問わず必需品。きちんと仕分けされていれば、「あの人、ちゃんと整理している人なんだな。」と思われたり。そんな使う頻度の高いポーチこそ、デザインや素材にこだわりたい。SUSAN BIJL(スーザンベル)の全ての商品は、軽くて引き裂きに非常に強いリップストップナイロン100%で出来ています。そして取扱いサイズはS・Mの二種類あり、カラーバリエーションも楽しめます。サイズ別に使い方は実に様々。Sサイズ・・・リップやハンドクリーム、目薬、絆創膏など細々したモノから、モバイルバッテリーや絡まりやすいイヤフォン入れにも。Mサイズ・・・筆記用具や持ち運び用のPCバッテリーやマウスなどに。またマスクやティッシュ、ハンカチなどまとめて入れるのにも便利な大きさです。一つのポーチに色々な物をごちゃ混ぜに入れるより、入れるモノの種類によってポーチも小分けにした方がスマートですよね。同じサイズでカラー違いで揃えたり、同じカラーでサイズ別に揃えたり。ぜひご自身のお気に入りの組み合わせを見付けて、楽しんでください。

こちらの関連商品はいかがですか?

ithelicy(イザリシー) ポーチライク スモールレザーサコッシュバッグ【MALLORY/マロリー】

TOKYOlife

43,200

ithelicy(イザリシー) ポーチライク スモールレザーサコッシュバッグ【MALLORY/マロリー】

ユニセックスに使って欲しい、ポーチ型のレザーサコッシュです。ithelicy(イザリシー)の感性が光るポーチライク スモールレザーサコッシュバッグ【MALLORY/マロリー】をご紹介いたしましょう。大人のためのモードなエッセンスを取り入れた個性的なデザインで人気を博す、ithelicy(イザリシー)ですが、今回はスモールバッグの登場。ボディにはithelicy(イザリシー)の定番でもある上質なシボ革を採用しており、重厚感のある存在感を演出。大きさは片手で楽に持つことのできる小ぶりなサイジングで、ポーチとサコッシュバッグをミックスしたような珍しいデザインとなっています。また、ハンドル部分のデザインが特徴的で、立体的でカラフルな柔らかな質感が面白い特殊なハンドル形状を採用しています。さらにバッグの開閉は、開口部のトップラインの淵に通しているヒモを引っ張ると巾着のように閉じることができます。また、付属のショルダーベルトを合わせることでサコッシュバッグのようなスタイルも可能です。ユニセックスに使っていただきたいミニバッグはithelicy(イザリシー)らしい解釈によって唯一無二の存在感を放ちます。人と被らないバッグをお求めなら、きっと満足していただけるでしょう。

ithelicy(イザリシー) スタッズ ミニポーチ【KIKI/キキ】

TOKYOlife

34,560

ithelicy(イザリシー) スタッズ ミニポーチ【KIKI/キキ】

上質なシュリンクレザーとスタッズのコントラストが美しいオリジナルポーチ【KIKI/キキ】。ithelicy(イザリシー)が今シーズン提案するのはモードシックな雰囲気とラグジュアリーな一面を覗かせる上質なレザーポーチ。シーズンによってithelicy(イザリシー)は男女問わずに使えるジェンダーレスデザインを発表しますが、このアイテムも貴重なその一つ。ボディには非常に柔らかい上質なシュリンクレザーを採用しており、スタッズの付いショルダーベルトがアクセントになっています。マチと高さのあるミニポーチは意外にも収納力が高く、内側にもポケットを配置するなどデザイン性だけではなく実用性も高いのがポイント。ブランド名のithelicy(イザリシー)とは in the policy の略。彼女たちのシンプルでありながらもわずかな違和感を持たせたデザインは、個性的なスタイルで大人に向けた良質な遊びあるバッグを提案してくれます。モードな部分にラグジュアリーな一面、そしてシンプルなフォルムが魅せるスタンダードであることの美しさ、全てが彼女たちithelicy(イザリシー)を表現するピースとなっています。唯一無二であり、他にはないithelicy(イザリシー)のバッグコレクションを是非味わってみて下さい。

INSIDE LINE EQUIPMENT/ILE(インサイドラインエキップメント) 3サイズポーチセット【 load cell flat/X-PAC】

TOKYOlife

6,264

INSIDE LINE EQUIPMENT/ILE(インサイドラインエキップメント) 3サイズポーチセット【 load cell flat/X-PAC】

Made in California のハンドメイドバッグブランド、INSIDE LINE EQUIPMENT/インサイドラインエキップメント(ILE)がTOKYO Wheelsに仲間入り。サンフランシスコ・ベイエリアに生まれたILE は、全行程手作りといった、細部にまでこだわり抜かれたアイテムを展開するブランドです。創業者でもあるEric自ら生産も行い、自信の体験が元となり生み出されたアイテムも多数。そんな、ILEより何かと使い勝手の良い、ポーチセットLOAD CELL FLATが登場です。メイン素材には、防水性に優れた超軽量のX-PACナイロンを使用。非常に引き裂きにも強く耐久性は抜群です、雑な扱いにも壊れることなく長持ちする丈夫さを持っています。S、M、L の3サイズのセットとなり、工具やカメラといった様々なモノを効率よく収納することが可能です。バッグの中でバラつきがちなアイテムがコンパクトに収納出来るのは非常に嬉しい限り。これでバッグの中で迷子になる小物達もいなくなるでしょう。シンプルな洗練されたデザインの中にもハンドメイドの暖かみも感じられるILEのアイテム。是非その丁寧な仕事ぶりを手に取ってご堪能下さい。きっとお気に召すはずです。

APIDURA(アピデュラ) ハンドルバーバッグ・ドライ 9リットル 【コンパクト】

TOKYOlife

13,200

APIDURA(アピデュラ) ハンドルバーバッグ・ドライ 9リットル 【コンパクト】

サイクリストにとって、天気の急変は嫌な項目の一つ。とくに、ちょっとした荷物を運んでいたり、濡らしたくないものを持っているときは最悪です。また、夏場の背中のムレも大きな問題。それらをスマートに解消してくれるのが、キャリアや取り付けステーを必要としない、大型サドルバッグを中心としたバイクバッグ各種。近年大流行していますね。このハンドルバーバッグ・ドライ【コンパクト】は、いわゆるフロントバッグ。ロードバイカーに人気のAPIDURA(アピデュラ)らしく、ドロップハンドルへの装着お考慮した、やや幅の狭いタイプです。ドロップハンドルに取り付けたままでも、荷物の出し入れが比較的スムーズ(ハンドル幅420mm以上)。シフトレバーとの接触も少ない、理想的なフォルムです。また防水機能が極めて高く、サイクリングやロングライド、ブルベで役に立ちます。メイン素材には、当ドライシリーズのために作られた高強度・低伸度・防水の三拍子が揃った堅牢な物。やや硬めの素材で、バッグ自体がくしゃっと潰れず、しっかりと形状をキープしながら内部の荷物を守ります。また熱溶着で仕立てられ、ステッチが無いため水の侵入にも極めて高い耐性を持ちます。他社製品に比べ、装着の手間が少なく取付が楽なのも◎。急に荷物が増えてもバンジーコードを使用することで、エクストラストレージとして利用可能な点も嬉しいポイント。シャープなデザインからは想像しがたいユーザーライクなフロントバッグです。

FAIRWEATHER(フェアウェザー) ハンドルバーバッグ【FAIRWEATHER handle bar bag +】

TOKYOlife

15,984

FAIRWEATHER(フェアウェザー) ハンドルバーバッグ【FAIRWEATHER handle bar bag +】

デイリーユースからキャンプライドまで、さまざまな場面で使えるアイテムを提案し続けるFAIRWEATHER(フェアウェザー)より、ハンドルバッグとシートバッグの2パターンで使える万能サイクリングバッグ、"Handle bar Bag +/ハンドルバーバッグプラス"の登場です。このバッグの最大の特徴はバイクに固定する『ハーネス』と荷物を収納する『ロールバッグ』『アクセサリーポーチ』がそれぞれ分離し、単体のみでも使用できる3ピース構造であること。ベース部をバイクに付けたまま荷物をすべて取り外すことが出来るので,貴重品を持ってバイクから離れる場合に再度取り付けの煩わしさが軽減されます。ハーネスの素材は、表地からターポリン、5mm厚の芯材、滑り止め素材の三層構造。滑り止めはロールバックの滑落を防ぎ、芯材は適度な硬さとしなやかさで内容物をしっかりとホールド、ターポリンは芯材への浸水を防ぎます。ハーネスにはロールバッグ以外にも防水性高い他社製品のドライバッグ、スタッフサック、シュラフ、テント、ポールなど必要に応じて様々なものを装着できます。ハンドルループ部分は5mm厚のウレタンフォームが左右に4枚づつ入り、ワイヤー類を無理なく逃がすと同時に、握りのスペースを確保します。BROOKSのサドルなどに付属するサドルループや、サドルバッグアダプターを装備していればサドルバッグとしても使用できます。サドルバッグとして使用した場合には、ペダリングの際に多少腿裏に干渉しますが、ドロップハンドルに収まらない容量のものや、積載しにくいテントポール等の長ものが積載しやすくなります。メインロールバッグ、アクセサリーバッグは生地に防水フィルムがラミネートされ防水性が高く、雨天での使用も考えられた作り。アクセサリーバッグはライド中でも物を取り出すことができ補給食やカメラなど...

FAIRWEATHER(フェアウェザー) ドライバッグ【FAIRWEATHER DRY SACK】

TOKYOlife

2,052

FAIRWEATHER(フェアウェザー) ドライバッグ【FAIRWEATHER DRY SACK】

信頼の品質とデザイン、そしてコストパフォーマンスで、幅広いユーザーから支持を集めるFAIR WEATHER(フェアウェザー)より、バイクパッキングに非常に便利なドライサックが新たに仲間入りです。非常に軽量で強度も高い、インビスタ社製のシリコンコートコーデュラリップストップ生地を採用、縫製箇所は内側からシームテープ加工を施し、極めて高い防水性を実現させました。また、取り出し口はロールトップタイプ。巻く回数によってバッグのサイズを好みに調整できます。ロールトップは荷物をコンパクトに圧縮する事に適しており『バイクパッキング』の収納に役立つと同時に、たくさんの荷物を積載する事が可能となります。マチの無い形状も特徴で、フレームバッグのような幅の薄いタイトな物に収納してもかさばりにくくなっています。ドライサックは収納用のバッグの他、キャンプの際に枕として使用する事もできるので、用途の幅が広い事も魅力のひとつでしょう。オススメの使い方として防水タイプではないサドルバッグにバッグインバッグとして入れる、というものがあります。ドライバッグ内は防水性が保たれますから、どうしても濡らしたくないものがある場合にはオススメです。ポップなカラー展開はバッグ内での見分けやすさをも考慮したモノです。バイクパッキングのみならず、日常、旅行、ご出張、アウトドアでも活躍が期待できます。スペックの高さに相反するお手頃なプライスも嬉しいポイント。荷物を整理整頓しておき、現場で効率よく扱いたい方には必須の収納バッグです。

APIDURA(アピデュラ) サドルバッグ・ドライ 17リットル 【レギュラー】

TOKYOlife

20,000

APIDURA(アピデュラ) サドルバッグ・ドライ 17リットル 【レギュラー】

マウンテンバイク向きの武骨なモデルが多かった大型サドルバッグシーンに、彗星の如く現れたAPIDURA(アピデュラ)。カーボンやアルミのロードバイクにもすんなりマッチし、合わせるカラーも選ばないそのオールマイティなデザインが受け、すぐに人気を博したのもまだ記憶に新しいところ。そのAPIDURA(アピデュラ)から登場したNewライン、ドライシリーズ。極めて高い防水性がトレードマークですが、待望の追加サイズが登場!何と17リットルというデイパックをしのぐ大容量。ブルべや、日をまたぐツーリングにはぜひ欲しいサイズです。メイン素材には、当ドライシリーズのために作られた高強度・低伸度・防水の三拍子が揃った堅牢な物。やや硬めの素材で、バッグ自体がくしゃっと潰れず、しっかりと形状をキープしながら内部の荷物を守ります。また縫い目はステッチではなく、高熱をかけながらプレスして素材同士を接着する熱溶着処理。水の侵入をシャットアウト!さらに、バッグ上部にバンジーコードをオン。イレギュラーな荷物もしっかり受け止めます。また、リアライトをクリップマウントできるアタッチメント部も装備しました。そしてシートポストとサドルレールを、合成繊維最強と言われるハイパロン製のバンドでがっちりキャッチ。またシートポストには二本のバンドを用意し、よりバイクとの一体感を高めました。ルックスも、機能性も、ロードバイカーが太鼓判を押すこのシリーズを、ぜひあなたのバイクにも。◎サドルバッグの取り付け方についてまとめてみました!⇒NEWSページ“サドルバッグの『トリ(付け方)セツ(明書)』作りました。"

APIDURA(アピデュラ) サドルバッグ・ドライ9リットル 【コンパクト】

TOKYOlife

18,400

APIDURA(アピデュラ) サドルバッグ・ドライ9リットル 【コンパクト】

マウンテンバイク向きの武骨なモデルが多かった大型サドルバッグシーンに、彗星の如く現れたAPIDURA(アピデュラ)。カーボンやアルミのロードバイクにもすんなりマッチし、合わせるカラーも選ばないそのオールマイティなデザインが受け、すぐに人気を博したのもまだ記憶に新しいところ。そのAPIDURA(アピデュラ)から登場したNewライン、ドライシリーズ。今度のAPIDURAは極めて高い防水性がトレードマークです!メイン素材には、当ドライシリーズのために作られた高強度・低伸度・防水の三拍子が揃った堅牢な物。やや硬めの素材で、バッグ自体がくしゃっと潰れず、しっかりと形状をキープしながら内部の荷物を守ります。また縫い目はステッチではなく、高熱をかけながらプレスして素材同士を接着する熱溶着処理。水の侵入をシャットアウト!さらに、バッグ上部にバンジーコードをオン。イレギュラーな荷物もしっかり受け止めます。また、リアライトをクリップマウントできるアタッチメント部も装備しました。そしてシートポストとサドルレールを、合成繊維最強と言われるハイパロン製のバンドでがっちりキャッチ。また縫い目はステッチではなく、高熱をかけながらプレスして素材同士を接着する圧着処理。水の侵入をしっかり防ぎます。さらに、バッグ上部にバンジーコードをオン。急に荷物が増えてもしっかりマウント。また、リアライトをクリップマウントできるアタッチメント部も装備しました。至れり尽くせりな、第二世代とも言うべき大型サドルバッグなのです。◎サドルバッグの取り付け方についてまとめてみました!⇒NEWSページ“サドルバッグの『トリ(付け方)セツ(明書)』作りました。"

APIDURA(アピデュラ) サドルバッグ・ドライ 14リットル 【ミディアム】

TOKYOlife

19,200

APIDURA(アピデュラ) サドルバッグ・ドライ 14リットル 【ミディアム】

カーボンやアルミのロードバイクにもすんなりマッチし、合わせるカラーも選ばないそのオールマイティなデザインが受け、すぐに人気を博したのもまだ記憶に新しいところ。そのAPIDURA(アピデュラ)から登場したNewライン、ドライシリーズ。極めて高い防水性がトレードマークですが、待望の追加サイズが登場!兄貴分の【レギュラー】が17リットル、そして末弟の【コンパクト】が9リットル。そしてこの【ミディアム】は大き過ぎず小さ過ぎない、使い勝手の良いサイズです。メイン素材には、当ドライシリーズのために作られた高強度・低伸度・防水の三拍子が揃った堅牢な物。やや硬めの素材で、バッグ自体がくしゃっと潰れず、しっかりと形状をキープしながら内部の荷物を守ります。また縫い目はステッチではなく、高熱をかけながらプレスして素材同士を接着する熱溶着処理。水の侵入をシャットアウト!さらに、バッグ上部にバンジーコードをオン。イレギュラーな荷物もしっかり受け止めます。また、リアライトをクリップマウントできるアタッチメント部も装備しました。そしてシートポストとサドルレールを、合成繊維最強と言われるハイパロン製のバンドでがっちりキャッチ。またシートポストには二本のバンドを用意し、よりバイクとの一体感を高めました。◎サドルバッグの取り付け方についてまとめてみました!⇒NEWSページ“サドルバッグの『トリ(付け方)セツ(明書)』作りました。"

REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン) ハンドルバーバッグ【SweetRoll-M】

TOKYOlife

15,609

REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン) ハンドルバーバッグ【SweetRoll-M】

バイクパッキングブームの立役者でありイノベーター、REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)。アメリカ、アラスカ州発のハンドメイドバイシクルバッグのブランドです。長距離、また長期のバイクツーリングに欠かせないフロントバッグもまた個性的で、取り付けにキャリアやラックを必要とせず、バッグのみで運用でき、軽量化に貢献します。防水でタフな素材を、ロールケーキのような円筒状のフォルムに仕立て、荷物の量に合わせてクルクルと両サイドを縮めることが出来ます。そして両側からの出し入れを可能にしました。また裏面にはシーリングを施して防水性をアップ。大量の荷物を保持しながら水の侵入もシャットアウト。更に、付属のスペーサーを使えば、ハンドルバーとバッグの間にスキマを設けることが出来、ケーブルやレバーとの干渉を防ぐことができます。バンジーコードも備え、脱いだウィンドブレーカーを縛りつけたり、ピクニック用のレジャーシートなどを挟んだり、使い方は自由自在。ドロップハンドルへの取り付けも可能ですが(ハンドル幅420mm~)機能性をじゅうぶんに発揮させるのであればフラットバーへの取り付けをお勧めします。MTBやクロスバイクにはぴったりでしょう。

FAIRWEATHER(フェアウェザー) ハンドルバーバッグ TOKYO Wheels別注カラー【FAIRWEATHER SAH handle bar bag + TOKYO Wheels...

TOKYOlife

15,984

FAIRWEATHER(フェアウェザー) ハンドルバーバッグ TOKYO Wheels別注カラー【FAIRWEATHER SAH handle bar bag + TOKYO Wheels...

ハンドルバッグ、シートバッグの2WAYで使用できる、人気沸騰中の“handle bar bag +"にTOKYOWheels別注の新色が登場です。こちらはカジュアルの定番『デニム』を意識したネイビーです。このバッグの最大の特徴は、『ハーネス』『ロールバッグ』『アクセサリーポーチ』が分離する3ピース構造であること。ベース部を付けたまま荷物を持ち出せるので、バイクから離れる際の再度取り付けの煩わしさがありません。ハーネスは、表地からターポリン、芯材、滑り止め素材の三層構造。ハンドルループ部分は5mm厚のウレタンフォームが左右に4枚づつ入り、ワイヤー類を無理なく逃がすと同時に、握りのスペースを確保します。サドルにサドルループがついていたり、サドルバッグアダプターを装備していればサドルバッグとしても使用できます。ロールバッグ、アクセサリーバッグは防水フィルムがラミネートされ、雨天での使用も考えられた作り。アクセサリーバッグには、背面側にショルダーストラップが収納されていますので、バイクを離れたい時には簡単に取り外し背負う事ができます。キャンプライドやロングライドの際に、また普段使いでも便利にご使用いただける、拡張性の高い万能アイテムです。※ドロップハンドルへの取り付けの場合、ハンドル幅400mm以上必要です。※カンチブレーキの場合はインナーワイヤーに干渉します。ご注意ください。

FAIRWEATHER(フェアウェザー) サドルバッグ“SeatBag"【TOKYO Wheels限定カラー】

TOKYOlife

15,120

FAIRWEATHER(フェアウェザー) サドルバッグ“SeatBag"【TOKYO Wheels限定カラー】

“FAIRWEATHER(フェアウェザー)"と“TOKYO Wheels(トウキョウウィールズ)"がタッグを組み、ちょうど良いサイズのサドルバッグをTOKYO Wheelsエクスクルーシブカラーで作りました!定番のブラックや人気のネイビーもいいですが、「ビビッドカラー」の人気は、やはり見逃せません。その中でも、特にファンの多いカラーリングでもあるレッド。スーパーカーを筆頭に、人気の高いカラーリングですよね。メイン素材は、軽量で引き裂きに強いリップストップナイロンを採用。表面には、撥水性のあるフッ素加工が施され、汚れも付着しにくい仕様となっています。裏地には防水フィルムがラミネートされていますので、急な雨に遭遇しても中身は晴天時と同じ状態に保ってくれます。メインコンパートメントの開口部はロールトップ式なので、荷物の量に合わせてサイズ調整が可能となっており、最大で9まで収納することができます。バッグ上部には、小銭や工具を入れておくのに最適なフラップ付きのポケットが設けられ、実用性の高さも魅力です。ロールトップの巻く方向が下向きになり、防水性能が向上しました。また、バッグ上部にゴム素材のストラップが標準装備され、脱いだウィンドブレーカーなどを括り付けるのに便利です。3L~9Lという大きすぎない内容量は、自転車や用途を問わず幅広くお使いいただけますので、背中に重たい荷物を背負わず快適に自転車に乗りたい方に最適です。フレームの差し色や、そもそも赤が好きな方にも。白でも黒でも相性の良いカラーリングが楽しめるはずです。

バッグ・靴・小物のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク