メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ベルトポーチバッグ」検索結果。

ベルトポーチバッグの商品検索結果全4,174件中1~60件目

【オンワード】 J.PRESS LADIES(ジェイ・プレス レディス) 【2WAY】GIANNNI CHIAINI トートバッグ

オンワード・クローゼット

31,320

【オンワード】 J.PRESS LADIES(ジェイ・プレス レディス) 【2WAY】GIANNNI CHIAINI トートバッグ

送料無料 GIANNI CHIARINI(ジャンニ・キャリーニ) ショルダーにもなる、上品なフォルムの本革トートバッグです。 【デザイン】 上質な本革を使用したトートバッグで、一枚革風でトレンド感があります。 サイドのデザインやステッチなど細かいディティールにまでこだわり、他にはないデザインになっています。 丸みのある女性らしいフォルムが特徴で、コーディネートが柔らかい印象でまとまります。 内側はメタリックで少し光沢のある素材感になっており、外から見た時にちらっと覗いてお洒落です。 【機能性】 付属のベルトを付ければショルダーバッグとしてもお使いいただけます。 ショルダー部分は長さの調節が効くので、お好みに合わせて調節していただけます。 マチがあるので収納力があり、サイドのボタンを外せば間口が大きく開くので物の出し入れもしやすくなっています。 内側に取り付けられる 総柄の可愛いポーチ付き なので、ばらけがちな小物の収納にも困りません。 お色は馴染みの良いアイボリーとパステル系の柔らかいイエローの2色展開です。 ※ポーチはバッグのカラーと同じカラーのベルトの付いたポーチが付きます。 【GIANNI CHIARINI(ジャンニ・キャリーニ)】 1970年代にフィレンツェで誕生したレザーバッグブランドです。上質な素材を使ったレザーの質感と遊び心のあるスタイルが特徴です。 伝統技術と審美眼を継承し、常に時代をリードしてきた同ブランドのバッグは多様なレザー、カラーバリエーションにより世界中に多くのファンを増やし続けています。 ※同ブランドのもので 今年らしいコンパクトタイプのショルダーバッグBO2JHM0250 もございます。<J.PRESS LADIES/バッグ・靴・小物>バッグ>トートバッグ>【23区・組曲...

m+ポーチLブラウン

surou web shop

10,584

m+ポーチLブラウン

村上雄一郎さんによるm+(エムピウ)のポーチです。素材の革は地生と呼ばれる国産の牛の革を日本で鞣した(タンニン鞣し)もので、しなやかでざっくりとした風合があります。ベルト通しもついているので、ショルダーポーチとしてだけでなく、ウエストポーチにもなります。文庫本、A6サイズの手帳、電子手帳などが入ります。マチの部分にペンさしも付いています。まずはその外観をじっくりご確認下さい。とてもシンプルな作りなんですけど、かぶせとか、その留めベルトとか、革ひもショルダーとか、底部分の縫い合わせとか、ディティールもいい感じですね。かぶせの部分は留めベルトで本体に固定できます。ウエストポーチとして使う場合はベルトをポーチ裏側のベルト通しに通して下さい。<仕様>色:ライトブラウン素材:タンニン鞣し牛革外形サイズ:W120×D45×H180mm(ショルダー立ち寸650mm)重さ:100g製造:日本お手入れ方法などカビの防止や、他の物との癒着等を防ぐ為、長期間お使いにならない場合は布製の袋等に入れて補完してください。定期的に風通しを行ってください。天然素材の革と言う性質上、雨などに濡れて、そのまま放置すると色落ち、あるいは色移りする場合があります。ご注意ください。ショルダーでもウエストにも使えるポーチ

【オンワード】 genten(ゲンテン) genten ゲンテン トスカ A4トートバッグ

オンワード・クローゼット

42,120

【オンワード】 genten(ゲンテン) genten ゲンテン トスカ A4トートバッグ

送料無料 トスカ−イタリアのフィレンツェ郊外に代々続く、名門タンナーとの共同開発で生まれたトスカレザー。 この特別な革をふんだんに使用し、シンプルなデザインだが素材の持ち味をふんだんに活かしたシリーズです。 素材の良さが引き立つシンプルデザイントート。 経年変化も十分に楽しめます。 持ち手の立ち上がりがあり、肩掛けしやすい仕様。 A4サイズ対応なので通勤・通学にも便利です。 持ち手付け根のステッチがgentenらしいアクセントに。 内装の仕切りは取り外し可能なので、単体でポーチとして使えて便利です。 ・持ち手立ち上がり:33cm ・重さ:900g ・ポケット数:内部:オープンポケット×3 ・開閉方式(ファスナー・マグネットなど):ベルト ・横幅(W):上部:38cm 下部:31cm ・高さ(H:25cm ・マチ(D):9cm ・ポーチ高さH:23cm ・ポーチ横幅W:34cm ・素材:牛革 「genten」のこだわり 素材に対する究極のこだわり gentenで使用している革はすべて植物性タンニンなめし。ミモザの樹皮やケブラチョ・チェストナットなどから抽出した液につけこんで「皮」を丈夫で腐りにくい「革」にかえます。 基性硫酸クロームを用いたクロームなめしより大変手の込んだ方法であり、重金属を含まない為、自然にやさしいと言えます。 環境に優しいだけでなく、耐久性にも優れ、使い込む毎に出てくる変化もナチュラルで味わいがあります。 革製品だけでなく、その他の生地や縫製糸にも天然素材を使っています。さらには、金具には鉄や真鍮を使い、製品を作る素材すべてが最終的に土に帰ることができるよう設計されています。 経年変化する革同様、少しずつニュアンスを変える真鍮や鉄は、gentenにとって欠かせない要素の一部分になっています。 gentenを代表する...

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

ベルーナ

75,492

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > トートバッグトートバッグ BRANDグッチ

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

ベルーナ

77,760

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > トートバッグトートバッグ BRANDグッチ

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

ベルーナ

97,092

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというもした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹で取レディースファッション > バッグ > トートバッグBRANDグッチ BRANDバッグ トートバッグ

スポンサーリンク
スポンサーリンク