メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「パスケース財布」検索結果。

パスケース財布の商品検索結果全7,722件中1~60件目

手彫りレザーカービング札ばさみ/シェリダンスタイル 松前邦廣 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

77,760

手彫りレザーカービング札ばさみ/シェリダンスタイル 松前邦廣 鞄/靴 【ライトアップショッピングクラブ】

万単位の繊細な刻印によって生み出される革彫刻の妙技大きな花と、円を描くように表現された蔓。この立体感のある美しい模様が、まっさらなヌメ革に現れる工程は驚嘆を禁じえません。デザインした下絵をトレーシングして革に転写。その輪郭線に切り込みを入れ、20種以上の柄の異なる刻印棒から、花の陰影や葉脈を表現するもの、切り込みの角を滑らかにするものなどを選び、使い分けて、刻印を打ち込んでいきます。使用される刻印棒はミリ単位のものが多く、100回程度打ち込んだところで美しい模様にはなりません。たとえば長財布ならば、2万5千回ほど打ち込みます。仕上がりをイメージし、力加減や角度を微調整しながら刻印を繰り返すことで、やっと見事な模様が生まれるのです。「まあ、ある意味、究極の体力勝負ですよね。職人の中には決まった型を用いる人もいますが、私はすべての模様を手仕事でこなしています。いちばん重要なのは根気と集中力。そして、譲れないこだわりですね。刻印の打ち方やデザインを自分色に変えていけるので、それも含めてオリジナリティで個性が出やすい。誰の作品か一目瞭然なのも、このスタイルの面白いところです」こう話すのは革小物職人の松前邦廣さんです。レザーカービングの中でも、とくに繊細な彫刻であるシェリダンスタイルに魅了され、独自のアレンジを加えながら技術を磨いてきたといいます。こちらの札ばさみは、染料を使わず革本来の色を活かしたナチュラルタイプ。模様の濃淡はすべて刻印によって生まれたものです。彫刻に込められた職人の魂をダイレクトに感じられるでしょう。革小物を長く愛用していただけるよう、松前さんは仕上げまでのすべての工程を手作業にこだわっておこなっています。たとえば、強度を保つためにナイロン糸と二本の針を使用した縫製。そして専用のやすりや豆カンナ...

ルイヴィトン ラウンドコインパース 財布・パスケース 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

42,120

ルイヴィトン ラウンドコインパース 財布・パスケース 40代 50代 ファッション ベルーナ

・世界のトップブランド【ルイ・ヴィトン】トランク職人としての道を選んだ創設者が1854年、パリ・キャプシーヌ通り4番地に、「ルイ・ヴィトン」を創業し、世界初の旅行カバン専門店としてフランスの誇る高級ブランドが始まりました。ロンドンに進出したルイ・ヴィトンは1888年、日本の市松模様からヒントを得てベージュと茶褐色のチェス盤に、ルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザインを考案。その後旅行用トランクがそのまま厳重な金庫となる、画期的な錠前のシステムを開発し人気を博します。1896年になるとトレードマークとなる布地を発表します。日本の家紋からインスピレーションを受けた「モノグラム・ライン」と呼ばれることになるその模様は、様々なシンボルと共にルイ・ヴィトンを示す「LV」というマークが描かれています。ダミエラインに続きモノグラムラインも大ヒットし、世界で親しまれるようになります。そして「グリ・トリアノン・キャンバス」と呼ばれる軽くて防水加工された素材で覆われた、平らなトランクを製作。最近ではモノグラム地にパンチングを施し、穴を開けた素材の「モノグラム・ペルフォ」、デニム素材のレディースファッション > ファッション小物 > 財布・パスケースBRANDルイ・ヴィトン BRAND財布

スポンサーリンク
スポンサーリンク