メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「スエードローファーメンズ」検索結果。

スエードローファーメンズの商品検索結果全682件中1~60件目

DOUCAL'S(デュカルス) スエードタッセルローファー

TOKYOlife

69,120

DOUCAL'S(デュカルス) スエードタッセルローファー

DOUCAL'S(デュカルス)より、今シーズン初めてご紹介するタッセルローファー。ハリウッドスターであるポール・ルーカス発祥とも言われる、アメリカンな雰囲気漂うこちらの一足。多彩な表情を魅せるDOUCAL'S(デュカルス)ですが、紳士の足もとに欠かせないアイテムが遂に入荷してまいりました。Uチップモカとフリンジの付いた独特な表情が美しい一足は、カジュアルなスタイリングからドレスシーンのハズシとして、幅広く使える汎用性の高いアイテムです。まずはその製法。このタッセルローファーはDOUCAL'S(デュカルス)が得意とするマッケイ製法を採用しており、最初の足入れから履き馴染みが非常に柔らかいのが特徴の一つ。ワタクシの個人的な感想で言えば、足馴染みの柔らかさで言えばフェランテのISEOと同じくらい優秀な印象。そんなDOUCAL'S(デュカルス)の一足ですが、マッケイ製法の返りの良い作り込みもさることながら、実はハーフアンライニング仕様という仕立てを採用しているのもポイント。リラックスシューズなどでよく見かけるアンライニングの仕様ですが、その目的は足辺りを極限まで柔らかくし、靴と足をより一体化させることにあります。DOUCAL'S(デュカルス)もまた、重厚な作りのタッセルローファーを気軽に付き合えるパートナーにする為、トップライン下のみにアンライニングを取り入れました。ラストに関しては、イイ意味でクセがなく、日本人の幅広、甲高な足にも無理なく履けるように設計された優しいラストとも言うべきでしょうか。ウィズは表記がありませんが、恐らくDウィズほどでしょう。幅(ウィズ)の差は、見た目からも一般的なインポート靴と大差なく感じますが、足入れは広く感じます。また、つま先は尖り過ぎず丸すぎず適度なカーブを描いており、このラストはイタリアっぽい妖艶な雰囲気と...

F.LLI Giacometti(フラテッリジャコメッティ) コードヴァン(コードバン)ローファー【FG257】

TOKYOlife

118,800

F.LLI Giacometti(フラテッリジャコメッティ) コードヴァン(コードバン)ローファー【FG257】

ジャコメッティの中でも人気のローファー。ベーシック過ぎる風合いに最高級のスパイスを楽しめるローファーなのです。イタリア・ベネト地方のファクトリーブランド”フラテッリ・ジャコメッティ”。ここジェディアに於いても、その存在感はジワジワと皆さまの心をつかみ始めているようで、決してお安くないプライスですが、確実にファンを増殖中。今シーズンより展開を開始する定番スタイルのローファー。こちらは、ローファー専用の木型「LUIGINO」を使用しており、足の肉を下方向に逃がし、履き口で足を包み込む設計になっており、窮屈になる事なく、高いフィット感を実現。事実、そのフィッテングの良さもあってブランドでもベストセラーな定番モデルとして好評を博しています。でも、何といってもトピックとなるのは、その素材。そう、今やレザーの中でも希少部位となる“コードバン”を使用した贅沢なローファーなのです。アッパーには馬の臀部のスエード面を使用し、つま先にコードバンがくるように裁断した後、ハンドポリッシュを施す事で、先端はコードバン、後ろ足部にはスエードという、素材によるグラデーションを表現しています。このあたりの表現はジャコメッティらしい唯一無二の仕上げ。モカ部分には高い技術を要するスキンステッチが用いられており、ハンドポリッシュの質感と共に立体的な表情も楽しめます。ラウンドトゥで内振りに設定された木型、モカと履き口の比率が1:1という適度なノーズの長さが、絶妙なバランス感を生み出しており、現代のトラッドスタイルに最適なバランスを演出。人気の所以もうかがえます。フィット感を高めるために試行錯誤された、木型とデザインのもたらす快適な履き心地、馬革の持つワイルドで透明感のある表情、さらには職人の手作業による丁寧なスキンステッチ等、それらが一体となって芸術的なローファーを作り出し...

スポンサーリンク
スポンサーリンク