メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「サボイバッグ」検索結果。

サボイバッグの商品検索結果全207件中1~60件目

グッチ モチーフ付2WAYバッグ GUCCI その他バッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

105,840

グッチ モチーフ付2WAYバッグ GUCCI その他バッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > その他バッグ2WAY・3WAYバッグ BRANDグッチ

送料無料
サボイ バッグ【SAVOY】 (サボイ ショルダーバッグ) ロゴ ショルダーバッグ 1sm0806ラッピング不可【あす楽対応】

サウスコースト

4,212

サボイ バッグ【SAVOY】 (サボイ ショルダーバッグ) ロゴ ショルダーバッグ 1sm0806ラッピング不可【あす楽対応】

サボイ バッグ【SAVOY】 (サボイ ショルダーバッグ) ロゴ ショルダーバッグ 1sm0806 ※ 配送希望時間をご指定の場合は 通常発送(あす楽非対応) となります。 雑誌・新聞で紹介され、かなり売れてます!!豊富なデザインとカラーバリエーションであなたのスタイルにあったバッグが必ず見つかります♪さらに機能性の高さを兼ね備え、お値段激安!まとめ買いのお客様も増えてます★ ブランド 【SAVOY】サボイ アイテム バック(ショルダーバック) 【SAVOY】サボイ 色 ブラック ブラウン サイズ サイズ:(約)H24cm×W20cm×D5cm ■ショルダー:約76-140cm 素材表記 素材:ポリエステル80%、ポリウレタン20% 仕様:ファスナー開閉 内側:ファスナーポケットx1、ポケットx2 外側:前・後ファスナーポケット 備考 入荷時折りたたまれて納品されているため、折れ線やしわがついている場合がございます。 また、素材の特性により装飾品の剥がれや、縫製不揃い、糸のはみ出しなどが見られる場合がございます。 これらは不良品ではなくSAVOYの検品基準を満たしているものですので安心してお買い求めください。 できるだけ忠実に再現するよう努力しておりますが、ディスプレイ画面等の環境上、ページで見た色と実際の商品の色とは多少違う場合がございます。ご不明な点はお問い合わせください。

グッチ ハンドバッグ(ブラウン) GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

155,520

グッチ ハンドバッグ(ブラウン) GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ハンドバッグ手提げバッグ・ハンドバッグ BRANDグッチ

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

164,160

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

133,920

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ BRANDバッグ 手提げバッグ・ハンドバッグ

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

115,560

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ BRANDバッグ 手提げバッグ・ハンドバッグ

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

91,800

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ハンドバッグ_市場最安値に挑戦 手提げバッグ・ハンドバッグ BRANDグッチ

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

107,892

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

173,880

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ハンドバッグトートバッグ 手提げバッグ・ハンドバッグ BRANDグッチ

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

80,892

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ハンドバッグ手提げバッグ・ハンドバッグ BRANDグッチ

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

185,652

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ハンドバッグBRANDグッチ

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

161,892

グッチ ハンドバッグ GUCCI ハンドバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ハンドバッグトートバッグ 手提げバッグ・ハンドバッグ BRANDグッチ

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ショルダーバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

183,492

グッチ ショルダー付ハンドバッグ GUCCI ショルダーバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ショルダーバッグBRANDグッチ

グッチ メタリックショルダーバッグ GUCCI ショルダーバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

45,360

グッチ メタリックショルダーバッグ GUCCI ショルダーバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ショルダーバッグBRANDグッチ BRANDバッグ ショルダーバッグ・斜めがけバッグ

サボイ SAVOY バッグ ナイロン大型ハンド1SM0824

BAG&LUGGAGE MATSUZAKAYA

5,292

サボイ SAVOY バッグ ナイロン大型ハンド1SM0824

新素材で再登場レジャーやショッピング、小旅行にピッタリ 前後の収納が便利な大型バッグです。 素材 ポリエステル×合皮 サイズ 横35×縦27×マチ18 内装 ジッパーポケット 携帯入れ 外装 ジッパー付き前後ポケット 開口部ジッパー 持ち手の立ち上がり 13.5センチ 重さ 400グラム 採寸は一部商品のみ計測しておりますので、誤差が生じる場合がございます。 また商品の色・素材感は、撮影状況やPC環境等により若干の誤差が生じる場合がございます。ご了承下さい。 ■休業日には商品の発送処理およびお問い合わせ等にお答えできません。 お急ぎの場合には休業日をご確認のうえご注文・お問い合わせください。 ■在庫切れになったお品もメーカーにある場合がございます。問い合わせからお気軽にお問い合わせください。 ■店舗店頭での販売も行っている為、稀にご注文頂いく直前に在庫が切れてしまう場合がございます。 その場合にはご連絡させて頂きます。 大変ご迷惑をお掛け致しますが、 ご理解の程宜しくお願い申し上げます。レジャーやショッピング、小旅行にピッタリ 前後の収納が便利な大型バッグです。 素材 ポリエステル×合皮 サイズ 横35×縦27×マチ18 内装 ジッパーポケット 携帯入れ 外装 ジッパー付き前後ポケット 開口部ジッパー 持ち手の立ち上がり 13.5センチ 重さ 400グラム

グッチ ショルダー GUCCI ショルダーバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

88,560

グッチ ショルダー GUCCI ショルダーバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ショルダーバッグBRANDグッチ BRANDバッグ ショルダーバッグ・斜めがけバッグ

グッチ インプリメショルダーバッグ GUCCI ショルダーバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

63,720

グッチ インプリメショルダーバッグ GUCCI ショルダーバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ショルダーバッグ_夏バッグ ショルダーバッグ・斜めがけバッグ BRANDグッチ

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

75,492

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > トートバッグトートバッグ BRANDグッチ

グッチ ショルダー GUCCI ショルダーバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

86,292

グッチ ショルダー GUCCI ショルダーバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ショルダーバッグBRANDグッチ BRANDバッグ ショルダーバッグ・斜めがけバッグ

グッチ ショルダーバッグ GUCCI ショルダーバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

89,640

グッチ ショルダーバッグ GUCCI ショルダーバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ショルダーバッグショルダー・斜めがけ ショルダーバッグ・斜めがけバッグ BRANDグッチ

グッチ ショルダーバッグ GUCCI ショルダーバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

83,160

グッチ ショルダーバッグ GUCCI ショルダーバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > ショルダーバッグBRANDグッチ BRANDバッグ ショルダーバッグ・斜めがけバッグ

グッチ 2WAYトートバッグ GUCCI トートバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

184,680

グッチ 2WAYトートバッグ GUCCI トートバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > トートバッグ_夏バッグ BRANDグッチ BRANDバッグ 2WAY・3WAYバッグ トートバッグ

グッチ トートバッグ GUCCI トートバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

61,452

グッチ トートバッグ GUCCI トートバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > トートバッグトートバッグ BRANDグッチ

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

ベルーナ

75,492

グッチ ポーチ付トートバッグ GUCCI トートバッグ 40代 50代 ファッション ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > トートバッグトートバッグ BRANDグッチ

グッチ トート GUCCI トートバッグ【リュリュ】 ベルーナ

ベルーナ

105,732

グッチ トート GUCCI トートバッグ【リュリュ】 ベルーナ

・いつでも、誰にでも愛されるブランド【グッチ】1921年、創設者が生まれ故郷フィレンツェに開いた小さな鞄店から始まりました。グッチはブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。創設者のブランドにに対するビジョンは、ロンドンと、サボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたもの。彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷のイタリア・トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。1930年代の数年間でこのレーベルは成功を収め、洗練された顧客が群れをなしてグッチのbottega(工房)を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを求めました。イタリア人顧客の多くは、地元の乗馬を嗜む貴族で、彼らが求めた乗馬用装身具のおかげで独自のホースビット・アイコンを発案します。これがグッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。1940年代、グッチは麻・リネン・ジュートといったあまり一般的でない上質素材を試し始めます。竹レディースファッション > バッグ > トートバッグBRANDグッチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク